大島紬の買取相場を調べました

龍郷柄


大島紬といえば、この柄といっても過言ではないと思います。奄美大島に自生するソテツの葉と実を幾何学模様にデザインした柄になります。

反物 1万円〜
仕立て上がり 100円〜5000円

 

亀甲柄


男性用の着物に使われ、亀甲の形が縁起が良いとされるデザインで西郷柄、有馬柄、伝優柄、白雲柄、花ん華柄などがあります。

反物 1万円〜
仕立て上がり 100円〜5000円

 

都喜ヱ門


細かな絣表現で有名な都喜ヱ門ブランドです。マルキは5、7、9、12と上がるにつれて買取の金額も高くなっていきます。ただし、都喜ヱ門といっても状態が悪いと買取不可だったり、100円程度の場合もあります。

 

反物 1万円〜
仕立て上がり 100円〜

 

白大島紬

 

戦後の白大島といえば白恵泥を開発した恵大島紬織物のものですが現在は閉業してます。白大島紬がもう作られないという希少性も多少は買取に考慮されます。ただシミや汚れが目立つ色なので査定はけっこう厳しめになるかと思います。

 

反物 1万円〜
仕立て上がり 100円〜